2010年04月26日

ばあちゃんが逝きました。

2週間前の金曜日、東北の実家のばあちゃんの容態が悪い、と電話がありました。小さい頃から共働きだった両親の、代わりになってくれたばあちゃんです。

何か胸騒ぎがしたので、翌日の予定を全てキャンセルして福島に戻ることにして、土曜・日曜と病院にお見舞いに行き、来月入籍することや、来年結婚式するから来てね、と話して勇気付けました。大分具合も悪そうで心残りではありましたが、次の日からは会社があるために帰ってきました。


・・・


その数時間後、母親から電話があり、容態が急変して亡くなった、との連絡がありました。ついさっき話してきたばかりなのに信じられなかったです。

肉親が亡くなったのは生まれて初めてだったので、ホントにガーン、て頭の中で鳴りましたよ(笑)

帰郷を決断して、最後に会うことができたことは本当に良い選択だったなぁと思います。「胸騒ぎがするから来て!」と電話をくれた母親に感謝です。

すぐ次の金曜・土曜がお通夜・告別式で、すぐ帰って手伝いたかったのですが会社の資格研修で、金曜日まで帰れません。 金曜の朝に試験を受けたその足で実家に向かいました。

ばあちゃんには育ててくれた恩への感謝を伝えることや、節目節目でのプレゼントなど、孝行はしてきたつもりでしたが、やってなかったことの後悔はやっぱり出てきます。
経済・時間がもっと自由であったなら、もっと色々できたのに・・・もっと一緒の時間を作れたのに・・・と思います。

とはいえ、幸い僕には、まだ親がいます。今度は「親孝行しきった!」と思えるように頑張ります。

葬儀では、色々考えさせられることも多かったですが、一番は「後悔の無い人生を送ろう!」という決意でした。どんな生き方をしても、最後は灰になっちゃうんですもんね。精一杯人に尽くして、かつ自分も楽しく生きよう、と思いました。

皆様も、ぜひ今いるご家族を大事に、そして何より自分の人生も大事にお過ごしくださいませ(^^

そして天国のばあちゃん、ありがとうございました!俺はこちらをもう少し楽しむので、そちらでちょっと待っててください!(´∀`)

posted by ジコプリ at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

送別会で感動もらいました。

4月からネットワークSEから一転、企業コンサルに職種替えします。実に約3年ぶりの部署異動です。

昨日は盛大に送別会をやってもらいました。

普段は全員揃うことが無い飲み会ですが、正社員・関係会社の皆さん含め、部署の全員が集まってくれました。正直、僕は色々アフターファイブにやる事が多いので、飲み会などの付き合いは悪いほうです。

でも集まってくれました。嬉しいですね(^^

宴もたけなわのころ、最後にスピーチをしました。ここで苦労したこと、学んだこと、楽しかったこと・・・結局最後は皆さんへの感謝を述べさせて頂きました。自分ながら、感動的なスピーチだったと思います(笑)

続いて、送る言葉として上司・同僚からもお話を頂けました!

自己イメージアップ(あとプチ自慢)のため、ココに記載します(笑)

======================================================

・構築をやった経験を持った、数少ないコンサルとして頑張って欲しい!

・気持ちにムラが無く、常に結果を出してくれたことに感謝

・上位層から分からない内部からの視点で、問題を提起してくれたのがありがたかった

・一番厳しく接したのにやり続けることが出来たので、どこに行っても大丈夫!

・業務以外のことを色々話せた。色々分かりやすく教えてくれた。ありがとう。

・キツい言い方をしてごめんなさい

・あなたとやった仕事があったから、今の仕事が出来る。ありがとう。

======================================================

入社以来面倒見てきた、普段人見知りの後輩も話してくれました!
なんと男泣きしながら・・・・

「・・・色々教えてくれてありがとうございました」

シンプルで短いスピーチでしたが、ここでやってて良かったな、と改めて思っています。

今月中に資格を取り、新たな場所で、チャレンジが始まります!
posted by ジコプリ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。