2008年12月10日

マザーテレサ あふれる愛:沖守弘著 を読みました。〜与えること〜

鹿児島へ出張した際、本屋で何気なくとりました。
日本人カメラマンがマザーテレサとその周囲の人に密着して書いたドキュメンタリーです。

マザーテレサ(wikipedia)

マザーテレサは名前だけ知っていたんですが、読んで見ると色々やってるんですね〜。
有名な死を待つ人の家を始め、ハンセン病の患者のコミュニティを作って、彼らが働く場所を提供したり、孤児の家を作ったり。

富豪に寄付された車を景品にして、宝くじを作って更に寄付金を集める、などなどアイデアマンであったことも意外でした。

「寄付は誰からでも、どの宗教からでも貰う。でも書類作成が必要だったりして自分のやるべきことが出来なくなる寄付はいらない」、っていう気持ちよいほどの徹底ぶりは見習うこと沢山です(笑)

最後に彼女たちシスターが毎朝行う、お祈りの言葉にグッと来たので紹介しておきます。

詳しい説明は要らないと思います。
彼女たちのような献身的な人たちも、さらに自分から与える存在になれるよう、毎日毎日、祈り続けてるんですね。


「以下、お祈り抜粋」

主よ、貧困と飢えのうちに生き死ぬ世界中の同胞のために働く私たちをそのことに相応しいものにしてください

私を貴方の平和の道具としてお使いください

憎しみのあるところに愛を
争いのあるところに許しを
分裂のあるところに一致を
疑いのあるところに信仰を
誤りのあるところに真理を
絶望のあるところに希望を
闇に光を
悲しみのあるところに喜びを
もたらすものとしてください

慰められるよりは慰めることを
理解されるよりは理解することを
愛されるよりは愛することを
私が求めますように

私たちは与えるから受け
ゆるすからゆるされ
自分を捨てて死に永遠の命を頂くのですから



posted by ジコプリ at 08:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

彼女は某総合病院の看護士 みさちゃん。
Excerpt: 下 着を剥ぎ取り彼女のアソコを指でなぞると、生暖かい液体で濡れそぼっていた。 指を入れると、それに合わせて彼女の体は過剰に反応する。 その反応が愛しくて、俺は指を動かし続けた。 「ダメェッ、イクッ、..
Weblog: ハ メ 撮り日記
Tracked: 2008-12-10 16:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。