2009年08月09日

初めての富士山登頂で色々学びました。

昨日は友達に誘われて前から行きたかった、富士山登頂に初挑戦してきました。

色々な大切なことが肌で実感でき、すばらしい体験になりました。

スタートから登頂まで、超駆け足でお送りします。

=================================================

5合目からスタート!まだまだ行ける!



6合目、結構長いな・・・もうきついんだけど・・・



7合目、まだ?まだ7合目なの?嘘じゃないよね?



8合目、長い・・・なんで次が9合目じゃなくて、「新8合目」なんだ・・・意味分からん・・・(愚痴モード)




新8合目、やっとゴールが見えてきたかな?でも、遠いな・・・・



9合目、・・・・・(何も言えズ、何も考えられズ)




10合目、5時間以上かかってついにゴール!風は気持ちよいし、眺めも最高!来て良かった!!

↓富士山火口を前に、やった!俺はやったんやで〜!の図
IMG_6807.jpg



その直後


・・・・え?下りに3時間もかかるの!?(気絶)


=================================================


この後、結局夜になって真っ暗の中、足の激痛と疲れを耐えて下り、上り5時間、下り3時間の工程を終えました。下りも滑るし怖いし、かなりのチャレンジでした。


今回の旅で、まず改めて感じたのが、「当たり前のありがたさ」です。
空気が薄くてほんの1m登るだけでも息切れする、という状態を初めて体験し、空気があるってのは助かるんだなぁ、と実感できました。

食べ物の大切さも実感しました。途中の休憩で食べたコンビニのお握り、キャラメル、タダの水でもどれだけ助かったことか・・・途中にある山小屋で食べ物売ってるんですが、高度が高くなるにつれて、こちらも高くなるんですね。

日清カップヌードルも600円という高値圏で売っています。でも本気で食いたいと思いました(笑)需要と供給の曲線カーブを身を持って体感できました。

↓ミネラルウォーターが500円!こんな自販機、他にはありえない(笑
IMG_5249.jpg

2つ目には、「限界を超える秘訣」です。

はっきり言って、普段の僕なら7合目で帰っています(笑)

そんな僕が山頂まで行けて、かつほぼ休憩無しで3時間歩き続けて下れたのは、

・仲間がいた
・仲間の都合で、どうしてもその日の内に東京へ帰らなければ行けなかった
・夜の富士山は戻れず休めず、ただ進まなければいけなかった

からだと思います。

共通点は・・・?



そう「環境」ですね。
思えば小1くらいの子供でも、大人と同じように自分の足で歩いてたなぁ・・・
やる気の有無に関わらず、人間って環境次第で結構簡単に、限界を超えられるんだと思いました。
仕事、投資、勉強・・・望ましい行動を起こす環境作りも心がけます。


3つ目は自然について、ですね。雲海、富士山火口、遠くで見える雷の稲光など、「自然ってすげーなぁ」と当たり前のことを感じました。

↓雲海(富士山の影も映ってます。)
IMG_3658.jpg

↓富士山火口
IMG_8930.jpg

↓下り途中にとった夕暮れ(左に虹らしきものも見えます)
IMG_0073.jpg



以上、素晴らしい経験をさせてくれた、友人に感謝します。

・・・でももうしばらく数年は行きたくない(笑
posted by ジコプリ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125344904

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。