2009年10月20日

7年前、一回死んでたこと。

色々先走って夢見がちな僕ですが、たまには昔を思い出してみます。

そういえば俺って7年前に一回死んでました。という話をします。


さかのぼる事7年前。

大学生だった僕は、引きこもりがちで、友達も居なくて、サークルも入っていなくて、バイトもせず、インターネットでの遊び以外何もしていませんでした。食事もひどくて、一日ケロッグコーンフロスト
なんて日もありました(笑 えない

寝たいときに寝て、起きたい時間まで起きて、食べたいものを食べる。

そんな日々に罰が当たったのか、ある日原付で大事故に合いました。
全身骨折、脳に大きなダメージを受け、1ヶ月意識不明の重体になりました。地方の夕方ニュースに出たくらい、大事故だったらしいです。

その日から一ヶ月くらい、記憶がぽっかりと無いのですが、事故の状況を後から聞いたところによると↓の感じ。

@カーブで原付転び、対向車線にスリップ
A向かってきた車に正面からド━(゚Д゚)━ ン !!!
B飛ばされて木にm9( ゚Д゚) ドーン!

という大技3連コンボ(笑)で、即ICUへ。「運良く生き返っても、良くて植物人間でしょう」とは医者の言葉。

その後、家族、親友たちの多大な介護を受け、奇跡的に意識回復。
とはいうものの、脳のダメージは治らず、記憶はありません。

後日友達から聞いたところによると、あのときの僕は
「何を話しかけてもウワの空で、もうイッちゃったかと思った」そうです(^^;

手・足の動作が麻痺しており、移動も車椅子で、トイレも行けず、寝返りもうてず。。。

そこからおじいちゃん・おばあちゃんと一緒に歩行練習したり、箸で豆を移動させたり・・・のリハビリを行って、徐々に意識も正常レベルになってきました。記憶が戻ってきたのもこの頃から。

リハビリが進んで、一番うれしかったこと。

それまで行けなかった病室階下の売店に一人で行けるようになったこと。だってお菓子が買えるんですよ!?(笑

復学して、通学用の自転車に初めて乗ったあの時の嬉しさも忘れられません。
傍目から見たら、あんなに嬉しそうに自転車をこぐ大人って、さぞかし気味が悪かったと思います(笑

・・・ここから何を言いたいかっていうと、普段出来る当たり前のことほど、有難いものは無いってことです。

こんな経験をした僕でも、そんなこと忘れて落ち込んだり、愚痴を言ったりしています。これだけは忘れちゃあかんな、と思うわけです。

あとは感謝。事故のおかげで家族・友達のおかげで生かされているんだ、と気づきました。

だからこそ、それまで卒業見込みゼロだった僕が、事故にあってから猛勉強して大学院までストレートで卒業し、バイトも初めて今の彼女と出会えて、ギターも始めて多くの仲間に出会えたんだなぁ。と思ってるのはナイショの話。

僕は一回死んでます。
それが僕の人生で、最高の経験です。

ようやく言えるようになりました。
posted by ジコプリ at 01:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
げんげんです。

いやあ、この話最高ですね!
ジコプリさんは若いのに向上心と努力の塊で、いままで何が彼をそんなに動かすのだろうと思っていました。
この経験がジコプリさんのドライブなのですね^^

私の周りにいる成功者も、ボーっとしている他人から見ると「生き急いでる」用に見えるくらいいつも努力しており、そのおかげで成功してますが、きっとみんなジコプリさんのようなドライブがあるのでしょう。

「自分」が変わることで「人生」がかわり「世界」が変わることをまさに実践されてますね。
私もまだまだ精進がたりないので、もっとがんばります♪
Posted by げんげん at 2009年10月23日 15:52
げんげんさん、

照れくさくて、うれしいです。コメントありがとうございます。

以前聞かれて、自分でも何でだろうな〜と思っていたのですが、確かにこの経験が理由ですね。

げんげんさんも、緻密に戦略を立ててコツコツと努力されたり、仲間を集めて勉強会を開いたりと、その積極性は僕も大いに影響を頂いています。

また良い情報探してご連絡しますね。
これからも宜しくお願いします。
Posted by ジコプリ at 2009年10月24日 11:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。