2009年11月22日

名曲「Over the rainbow」を味わいました。

久々に家を片付けてたら、
EricClaptonのDVDボックスが出てきたので、見ています。

一番好きなのが、ライブの後にやってる
「Over the rainbow」。

クラプトンの曲じゃないけど、リラックスするので大好きです。

そういえば昔、
ライブでこの曲を演奏したことがあったんでした。
我ながら渋いなぁ(苦笑)

トリだったので、拍手喝采でした(プチ自慢)
良い思い出です。

↓(演奏している僕(激しく嘘w))




歌詞も今改めてみると、
とても素敵です。
自分なりに訳を付けてみました。

なんか、今の自分を励ますような歌に見えてきました(笑)


somewhere,over the rainbow,way up high,
(虹の彼方、遠くのどこかに)

There`s a land that i heard of once in a lullaby.
(昔、子守唄で聴いた国がある)


somewhere,over the rainbow,skies are blue,
(虹の彼方、空は青く)

and the dreams that you dare to dream really do come true.
(そこでは、見たい夢が本当に叶えられる)


someday I`II wish upon a star
(いつか星にこう祈ろう)

And wake up where the clouds are far behinbd me.
(目覚めると、雲は遥か彼方にあって)

Where troubles melt like lemon drops
(たくさんの困難もレモン味の飴のように解けて)

Away above the chimney tops
That`s where you`ll find me.
(煙突の先まで高く高くいけますように)


somewhere,over the rainbow, bluebirds fly,
(虹の彼方には、青い鳥が飛んでいる)

Birds fly over the rainbow,
Why then,oh why cant`t I?
(鳥が虹を越えていくのに、
 どうして私が行けないの?(行けるよね?))

If happy little bluebirds fly
Beyond the rainbow,
Why oh why cant`t I?
(幸せな小さい鳥が虹の彼方で飛んでるのに、
 どうして私が行けないというの?(行けるよね?))


この曲って元々はミュージカル「オズの魔法使い」で
世界中いろんな人がカバーしてるんですが、
中でも綾戸智恵さんはイントロでこんな台詞を付けてるそうです。
またもや自分解釈で訳付けてみました。

You know,
Where are the bluebirds?
(青い鳥ってどこにいるか知ってる?)

A bluebirds side of happiness .
Just close your eyes.
(青い鳥は幸せの一部。目を閉じてみて)

A bluebirds in your mind.
(青い鳥はあなたの心の中にある)

in your mind.
(心のなかに。いつでも。)

ちょっとした問題があると時たま忘れてしまいますが、
僕の中の青い鳥は今日も元気に飛んでいます(笑)

みなさんの青い鳥も毎日高く飛んでますように!

posted by ジコプリ at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | やる気が出るヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133554180

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。