2010年04月26日

ばあちゃんが逝きました。

2週間前の金曜日、東北の実家のばあちゃんの容態が悪い、と電話がありました。小さい頃から共働きだった両親の、代わりになってくれたばあちゃんです。

何か胸騒ぎがしたので、翌日の予定を全てキャンセルして福島に戻ることにして、土曜・日曜と病院にお見舞いに行き、来月入籍することや、来年結婚式するから来てね、と話して勇気付けました。大分具合も悪そうで心残りではありましたが、次の日からは会社があるために帰ってきました。


・・・


その数時間後、母親から電話があり、容態が急変して亡くなった、との連絡がありました。ついさっき話してきたばかりなのに信じられなかったです。

肉親が亡くなったのは生まれて初めてだったので、ホントにガーン、て頭の中で鳴りましたよ(笑)

帰郷を決断して、最後に会うことができたことは本当に良い選択だったなぁと思います。「胸騒ぎがするから来て!」と電話をくれた母親に感謝です。

すぐ次の金曜・土曜がお通夜・告別式で、すぐ帰って手伝いたかったのですが会社の資格研修で、金曜日まで帰れません。 金曜の朝に試験を受けたその足で実家に向かいました。

ばあちゃんには育ててくれた恩への感謝を伝えることや、節目節目でのプレゼントなど、孝行はしてきたつもりでしたが、やってなかったことの後悔はやっぱり出てきます。
経済・時間がもっと自由であったなら、もっと色々できたのに・・・もっと一緒の時間を作れたのに・・・と思います。

とはいえ、幸い僕には、まだ親がいます。今度は「親孝行しきった!」と思えるように頑張ります。

葬儀では、色々考えさせられることも多かったですが、一番は「後悔の無い人生を送ろう!」という決意でした。どんな生き方をしても、最後は灰になっちゃうんですもんね。精一杯人に尽くして、かつ自分も楽しく生きよう、と思いました。

皆様も、ぜひ今いるご家族を大事に、そして何より自分の人生も大事にお過ごしくださいませ(^^

そして天国のばあちゃん、ありがとうございました!俺はこちらをもう少し楽しむので、そちらでちょっと待っててください!(´∀`)

posted by ジコプリ at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そっか。
さよならする前に会えたのが、せめてもの幸いだったね。

うん、精一杯生きよう!
Posted by KeN at 2010年04月27日 18:30
KeN、コメントありがとうございます。

ホントホント。良かったよ。

今日一日は、他の誰かが欲しくてももらえなかった一日です。。。精一杯生きましょう!
Posted by ジコプリ at 2010年04月30日 11:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147897942
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。