2010年10月14日

つまようじが全てを壊す!?

先日、全国的にも有名な柏高校吹奏楽学部のことを知りました。
単なる演奏だけでなく、踊りやパフォーマンスを生徒達自身が考えて行う、部員数200名のスッゴイ部活です。

顧問の先生のコダワリ・指導方法がハンパなく厳しいのですが、聞いていてとても印象に残った場面がありました。不確かなところがありますが、再現してみますね。



場面は練習前、全部員が集合しているところで、突然先生が怒鳴ります。

「あそこで弁当食べた奴、誰だ!?」

シーン。


なぜ、こんなに先生は怒っているのか?
どうやら、その場所に、弁当箱に入っていた爪楊枝が落ちていたから、らしいのです。


「いいか!?つまようじ一本でも、こういう小さいことが、全てを壊すんだぞ!」


チームワーク、パフォーマンス、楽器それぞれの音の正確さなど、あらゆる面で緻密さが求められるトップレベルの吹奏楽部には、一つでも妥協が生まれても妥協の連鎖が生まれてしまい、その高いレベルを保てない、ということなんだろうな、と理解しました。

あ、自分の生活もそうだな、と気づきました。

少しでも怠けてしまえば、それが連鎖して、どんどん怠け者になってしまいます。
そうなってしまったとき、それを変えるにはどうしたら良いか?

やはり一番は小さなことから変えていく、ことなんでしょう。

そこで今日は帰って飯を食べて、いつもはそのままにしている食器類を、彼女の分含め洗いました。
(注:決してやらされてるわけではありませんw)





コブタじゃコブタ以上のものはできない(ウォルト・ディズニー)

posted by ジコプリ at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | やる気が出るヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。