2008年04月23日

村中剛志著「先読み力で人を動かす」を読みました。

プロマネ見習いとして2〜3人のチームで仕事をしていますが、
こんな少人数でもスケジュール管理、メンバーの業務担当の把握は難しく、
悪戦苦闘です。ホント人を動かすのは難しいっす(´・ω・`)

何かいいプロジェクト管理方法は無いか?
というわけで本書を読んでみました。

著者は実際に多数の大規模プロジェクトを成功に導いた
プロマネであり、ただの理論とは違う、実体験に基づく管理手法で
とても参考になったのでご紹介!




一番頭に残ったのは、チームでのタイムマネジメント手法です。

3週間単位でメンバーの休暇まで網羅したスケジュールを作成し、
各自がその週でやろうと考える仕事トップ5を作成、
週一で発表しあう、という方法は
ぜひ今期にでも使ってみたいと思います。

本書には手法の紹介だけでなく、
チームへの浸透させるまでのステップも書いてあり、
とても実践的です。
(まずは自分だけで回してみて、メンバーには簡単なところから
段階的に実施してもらう)

まずは自分から。

以下ざっくりメモです。



チームメンバーの時間価値も考えて行動する
・年収600万 ⇒ 会社コスト、儲け分を考慮して「1時間で7500円の価値」が必要

成長を加速させる時間投資
・資格の勉強
・社内外の勉強会・セミナーに参加する
・転職活動(自分の棚卸、市場価値、仕事に重視するものの確認が出来る)

タイムマネジメント
・予定・実績でスケジュールを作成し、差異を確認する。差が生じた理由は何か?
・3週間が認知・タスク化・行動のステップを踏むのに適している
・色付けして重要度、意味付けの明確化
・スケジュールと合わせ優先タスクのTOP5を明記する

ミーティング
・事前準備が必要
  ⇒目的・アジェンダを確認する
・出来れば結果もたたき台として作るのが望ましい
・事前ネゴも効果的
・議事録作成にあたってお願いすること
  ⇒誰が?何を?いつまでに?を確認させる

期待値とのギャップをコントロールする

リーダーに求められる3つのこころ
・リードするこころ
・援助するこころ
・感謝するこころ

依頼するとき意識するポイント
・目標とするゴールは?
・ゴールへの道筋は明確か?
・使える資源は何か?
・責任に対する報告はいつ、どのようにするか?
・履行の結果(あめとムチ)は何か?

posted by ジコプリ at 08:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思うように 動いてくれないのは 当たり前のことですが 私の経験から言わしていただければ 3つ伝えたい事が あれば そのうち 1つだけに絞って 伝える または 教える。  デス。健闘を 祈ります。
Posted by ファンファン at 2008年04月23日 18:45
ファンファンさん、毎度ありがとうございます。

3つ伝えるうち1つに絞って伝える・・・他の2つはどうなっちゃうんでしょうか(;´Д`)

キャリアも年齢も下の自分が、年上の人に指示するのは中々難しいところがありますが、可愛げのある感じを忘れずにいようと思います。
Posted by ジコプリ at 2008年04月23日 23:44
ジコプリさん、書評いただき大変ありがとうございます。本書の著者の村中と申します。

チームマネジメントに興味をもっていただいて大変ありがたく思います。3週間スケジュールとTOP5はとてもパワフルです。ぜひ試してみて、ご意見いただければと思います。

もしご不明なところがあればお伝えできることがあればお伝えしますので遠慮なくご連絡ください。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by 村中 剛志 at 2008年05月04日 11:39
村中さん、コメントありがとうございます。

こちらこそ著者の方からコメント頂き、大変光栄です。ありがとうございます。

今期は業務に貴書の方法を試してみたいと思っています。

きっと疑問点など出てくる?と思っておりますので、質問させてくださいね!(・∀・)

今後ともよろしくお願いします。
Posted by ジコプリ at 2008年05月06日 20:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94400394

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。