2010年05月02日

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」 を読みました。

数年前から投資友達で、いつも良い影響を頂いているナイスガイ、げんげんさんから「コレ超イイ!」と紹介を受け、早速読んでみました。

マネジメントの発明者、ピーター・ドラッカーの「マネジメント」という本が分かりやすくストーリー仕立てでまとめられています。

表紙絵は全然ビジネス本っぽくなく、原著読んだことは無いのですが、凄く良かったです。真面目な本です。

ビジネス本とスポ根小説のドッキングで、ここまで面白くてためになるとは。。。ドラマ化・映画化・アニメ化と展開していきそうですね。

この本でも経営の話を部活動におきかえたように、この本の内容は、どんな組織にも使えます。家庭・プライベート・ビジネスの各場面で色々使えそうです!

以下、個人的なエッセンスをまとめます。

●真のマーケティングは顧客からスタートする。すなわち現実、欲求、価値からスタートする。
⇒我々は何を売りたいか ではなく顧客は何を買いたいか を問う。
⇒我々の製品やサービスに出来ることはこれである ではなく、顧客が価値ありとし、必要とし、求めている満足がこれである と言う。

●人は最大の資産である
⇒人のマネジメントとは、人の強みを発揮させることである
⇒組織の目的は、人の強みを生産に結びつけ、人の弱みを中和することにある

●消費者運動(消費者が働きかける運動。不買運動やボイコットなど)は以下を要求するもの
⇒企業の目的は欲求の満足である
⇒収入の基盤を顧客への貢献におけ

●成果とは何か
⇒長期の打率である
⇒百発百中は、偽者。見せかけか、無難なこと、くだらないことにしか手をつけない者である
⇒人は優れているほど多くの間違いを犯す。優れているほど新しいことを試みる

●プロセスと結果 どっちが大事?
⇒成果こそ、全ての活動の目的である
⇒成果よりも努力が重要で、技能それ自体が目的であるがのごとき錯覚を生んではならない。

●組織とは、人間一人一人に対して、何らかの貢献を行わせ自己実現させるための手段である












posted by ジコプリ at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

マザーテレサ あふれる愛:沖守弘著 を読みました。〜与えること〜

鹿児島へ出張した際、本屋で何気なくとりました。
日本人カメラマンがマザーテレサとその周囲の人に密着して書いたドキュメンタリーです。

マザーテレサ(wikipedia)

続きを読む
posted by ジコプリ at 08:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

スティーブ・ジョブズ 神の交渉力:竹内一正著を読みました。 〜リーダーシップのある一つの形

i-pod、i-phoneの発表で見せた魅力的なプレゼン、先日紹介した感動的なスピーチから、スティーブ・ジョブズについて興味が沸いたので、読んでみました。

プレゼンでしかジョブズのことを見ていなかったので、今までは、彼のことを何となく「優しくて人格的にも能力的にもすばらしい人なんだろうなぁ」と思っていたんですが、

・・・全然違っていました(´Д`)


続きを読む
posted by ジコプリ at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

自分を不幸にしない13の習慣:小川忠洋著 を読みました。 〜これだけ読めば幸せになれる?




先週9ステップ無料説明会でお会いした川島和正さんから、強くオススメされた本です。

タイトルがどこかで見たような気がしたので、
そんなに期待していなかったんですが・・・(失礼)

すみません確かに仰ることはありました(汗)

正直、今年読んだ本の中で一番良かったです。

楽しく生きる秘訣、目標を達成するための秘訣が
シンプルにまとまっています。

これ読んでおけば、今まで読んだ数十冊はいらなかったんじゃないか?
と思えるほどの出来です(^^

続きを読む
posted by ジコプリ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

夜と霧:ヴィクトール・E・フランクル著 を読みました。 〜極限状態で生き残った人の特徴は?

ナチスの強制収容所に収容された精神科医が強制収容所内の人々や自分の心理状態について書き綴った本です。

一日一回の水みたいなスープ、パンという粗末な食事、決して清潔とはいえない環境、極寒の中で従事させられる厳しい労働、いつ殺されるかどうかも分からない恐怖と絶望・・・など正に地獄といってもいい状況が文章から伝わってきます。

不平不満の多い人は、これを読めば少しはおとなしくなるかも。

続きを読む
posted by ジコプリ at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

高校の同級生と飲みました。悩み合いました。

今日は高校の級友が上京したので、在京の友人も含めてささやかな宴会をしました。

続きを読む
posted by ジコプリ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

仕事が出来る人はなぜ筋トレをするのか:山本ケイイチ著を読みました。 〜結果を出すために必要なものは?〜



僕もそうなんですが、筋トレ・ダイエットって中々結果が出ませんよね。。。

どうしたら結果が出るのか?

この本はその答えを教えてくれます。続きを読む
posted by ジコプリ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

トップ1%のプロフェッショナルが実践する「見た目」の流儀:岡野宏著を読みました。



服やアクセサリーなど、普段から外見にはとんと無頓着です。

「そろそろ30代に手が届くのにそれじゃいかんだろ」、ということでこんな本読んでみました。

著者の岡野宏さんはNHKで40年以上にわたり、国内外の俳優のみならず著名人のメークやイメージづくりを行ってきた方で、ファッションやメーク以外にも有名人の裏話なども満載でした。

もちろんスーツやYシャツの着こなし方なども満載で勉強になります。



続きを読む
posted by ジコプリ at 21:31| Comment(2) | TrackBack(1) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

偽善エコロジー:武田邦彦著 を読みました。 〜環境対策というビジネス〜



これがホントかどうかは分かりませんが、
日常見る情報に対して、
本書を読んで全く違った見方ができるようになりました。

目からウロコです!続きを読む
posted by ジコプリ at 08:27| Comment(8) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

ビジネス脳を磨く:小阪裕司著 を読みました。 〜新しい社会の到来?〜



普段、仕事をして偏っている頭をほぐすため、読んでみました。

「単なるクリーニング屋で映画DVDが売れる?」
「ヴィレッジバンガードは何故ウケてるの?」

などなど親近感がある例が豊富に示してあって、タイトルの厳しさとは反対に読み易かったです。

上の例に興味がある方は、一読されてみると良いと思います。

続きを読む
posted by ジコプリ at 08:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

セネカ著「人生の短さについて」を読みました。 〜たまには哲学?〜



変わったものを読もう、ということで
買ってみました。

著者はルキウス・アンナエウス セネカという人で、
紀元前あたりの作品です(笑)
続きを読む
posted by ジコプリ at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

中山真敬著「たった3秒のパソコン術」を読みました。

PCを使う仕事はキーボードショートカット覚えてれば
もっと早くなるじゃないか、ということで
業務上良く使う機能のショートカットをまとめた本を
買ってみました。



電車の中でパッと読めて、その日のうちに使えます。
即効性バツグンです!

続きを読む
posted by ジコプリ at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

ネビル・シュート著「パイド・パイパー」を読みました。




たまには小説を読んでみました。
1942年の「パイド・パイパー」という本です。

イギリス人のおじいちゃんが戦火の中、何の縁も無い子供達を、成り行きでイギリスへと連れて帰る物語。

続きを読む
posted by ジコプリ at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

和田竜著「のぼうの城」を読みました。



たまには歴史物でも読むか、ということで読んでみました。
王様のブランチでも紹介されており、今人気のようです。

登場人物それぞれが自分の個性を出した戦法で大群に勝利する様は、
大変ワクワクするもので楽しかったです(´∀`)

他にもリーダーシップについて、勉強になるところもありました!

続きを読む
posted by ジコプリ at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

アービンジャー・インスティチュート著「自分の小さな箱から脱出する方法」を読みました。

1年前に読んだ本ですが、改めて人との付き合い方について考えてみよう、という意味も含めて、本著を紹介してみます。



続きを読む
posted by ジコプリ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

福原裕一著「手を挙げた人、全員内定。」を読みました。

外食事業・コンサル等を手がけているKUURAKUという会社の社長さんが書かれた本です。






続きを読む
posted by ジコプリ at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

村中剛志著「先読み力で人を動かす」を読みました。

プロマネ見習いとして2〜3人のチームで仕事をしていますが、
こんな少人数でもスケジュール管理、メンバーの業務担当の把握は難しく、
悪戦苦闘です。ホント人を動かすのは難しいっす(´・ω・`)

何かいいプロジェクト管理方法は無いか?
というわけで本書を読んでみました。

著者は実際に多数の大規模プロジェクトを成功に導いた
プロマネであり、ただの理論とは違う、実体験に基づく管理手法で
とても参考になったのでご紹介!

続きを読む
posted by ジコプリ at 08:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

島田紳介DVD「紳竜の研究」を観ました。

今日は本では無く、島田紳介氏の講義が収録されたDVDのことについて。

色々なブログで絶賛されているので、見てみました。

続きを読む
posted by ジコプリ at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

福島正伸著「どんな仕事も楽しくなる3つの物語」を読みました

仕事帰りにぶらっと寄った本屋で、目にとまったので即購入。シンプルな構成だったので、帰りの電車で読みおわってしまいました。

・・・念のため一言。
仕事つまらないとか思ってないですよ(笑)

読むのは早かったですが、内容そのものは長く考えさせられるものだったので紹介しておきます。

続きを読む
posted by ジコプリ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

松下幸之助著「物の見方・考え方」を読みました

松下電器の創業者、松下幸之助さんの本です。(10月1日でパナソニックに社名変更予定)

自転車屋に丁稚奉公に出たり、競輪の真似事?をしたり、船から転落(笑)して死に掛けたり、波乱万丈の人生だったようです。

続きを読む
posted by ジコプリ at 08:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。